Game Box

美少女ゲームレビューブログ
Game Box TOP > スポンサー広告> ゆずソフト > 夏空カナタ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏空カナタ

夏空カナタ

夏空カナタ

2008年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

日本で唯一の常夏の島、塔弦島。
冬休みを利用し、この島でペンションを経営する叔母のもとに訪れた主人公は
真冬に真夏の出逢いを体験する。

あの冬、真夏のような この島で――


切なく爽やかな、純愛ストーリーです。

伝奇風味の設定がありますが、切ない展開を作るために使われるだけで
一部展開以外は、物語の中心にはなりません。

賑やかで印象的なサブキャラを交えて
愛らしく描かれたヒロインとの交流と恋を楽しむ作品になっています。

会話はテンポ良く、テキストは読み進めやすいです。
イチャラブには届きませんが、各個別の二人きりで過ごすシーンでは
ほどよく恋愛の味わいを強調しています。

共通、個別共にボリューム不足の感が強いです。
ヒロインが3人なため、作品全体でもかなりのボリューム不足感があります。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンはやや少な目です。

おすすめ度:B-
攻略ページ
修正パッチ:patch1.01.exe



オープニングムービー

このムービーは素敵です。

■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。




一つ一つのシーンが、とても印象に残る作品です。

泣きゲーとは少し違うベクトルで、強烈な切なさを演出しています。
初々しさのある恋愛表現とあいまって、魅力的な世界を作り出しています。

全編を貫く伝奇的設定は、全てのエピソードを見て全容が見えてきます。
しかし、これが本当に深く関わるのは沙々羅ルートのみです。

あれ?と思うくらいのボリューム不足は最大の欠点です。
せっかくの素敵な世界なので、もう少し味あわせてくれれば…と思ってしまいます。

好きなキャラ筆頭は上坂 茅羽耶。
「夏の少女」なイメージの原風景みたいなヒロインです。

茅羽耶ルートはひたすら切ないです。
END1は特に救いがないですが、END2では大分ましになります。
それでも、もっと手放しでハッピーな結末も欲しかったです。

サブキャラもなかなか魅力的です。
特に六角五郎くんは実にいい味で、いい奴です。

この作品は、購入よりずっと前から「壁紙」という形で私のPCに存在していました。
この壁紙画像は、ここ3年くらいの使用率9割くらいになっている定番です。
他のサイズや、別キャラのものは公式にて継続配布中です。

SD演出はありませんが、SDっぽい絵のイベントCGがいくつか存在します。
夏空カナタ

ややチラ裏的
カウントダウンボイスのこだわりとフリーダムっぷりが素敵です。


一通り見た中でのお気に入り↑。他のものはこのタグからどうぞ。

夏空カナタ 感想 レビュー

スポンサーサイト
[ 2012/05/29 00:25 ] ゆずソフト | TB(1) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

まとめtyaiました【夏空カナタ】
夏空カナタ2008年発売の美少女ゲームです。公式ページ(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)ストーリー日本で唯一の常夏の島、塔弦島。冬休みを利用し、
[2012/05/29 00:57] まとめwoネタ速neo
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
おすすめ度の意味
A:買って損はないと思われる良作品
B:楽しめる水準に達している作品
C:絵や設定が好みなら、
  楽しめるかもしれない、微妙な作品

D:あらゆる点で問題の多い作品
E:買ったら損をすると思われる作品
↑ これらに「+」「-」を追加して運用します。
検索フォーム
カウンター
注意・免責事項
・18歳未満の方は、
 閲覧をご遠慮ください。

・当ブログの全ての情報は、
 自己責任にてご利用ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。