Game Box

美少女ゲームレビューブログ
Game Box TOP > ALcotハニカム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1/2 summer 体験版

1/2 summer 体験版

1/2 summer

1/2 summerの体験版が公開されたので、プレイしてみました。
公式ダウンロード案内  聖封1/2 summerページ

絵は可愛らしく、声も良い感じ、キャラもかなり魅力的ですが…
肝心のテキストが、現時点でプレイできる範囲内ではやや微妙です。

また、ストーリー自体もあまり心地よい感じでありません。
物語の鍵を握ってるらしい座敷童子「クロハ」は、現時点では好感を持ちにくいです。

体験版は「神ノ木 汐」固定で進みますが、かなり早い段階からえっち表現が入り、
ボリュームにも不安が出ました。

期待値:C-
スポンサーサイト
[ 2012/06/09 00:34 ] ALcotハニカム | TB(1) | CM(-)

死神の接吻は別離の味

死神の接吻は別離の味

死神の接吻は別離の味

2009年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

「たいせつな人に遺したいものはありますか?」

主人公・天宮 誠は、近所のレンタルビデオショップでアルバイトをするかたわら、
同じ学園に通い始めたひとつ下の妹・雫と平穏な毎日を送っていた。
幼なじみと死に別れて以来、心のどこかで同じところへ行くのを夢見ながら。

そんなある日、誠はひとりの不思議な少女と出逢う。
「あなたには、私の姿が見えるの?」

周りの人間は、巨大な鎌を持った目立つ彼女の存在に気づかない。
「そう。あなたも、もうすぐ死ぬのね」

少女は、死神だった。


暗く静かに語られる、悲しい想い出と恋の物語です。
ハーフプライス作品の宿命で、ボリュームは少なめになっています。

テキストは独特の雰囲気を漂わせ、読みやすく作られています。
会話は静穏でありながら、小気味良いものにもなっています。

ヒロインは無理なく個性を獲得しています。
「死神」琥珀は少し特徴づけが極端ですが
琥珀本人のルートに入ると緩やかに自然なキャラへと移行しています。

主人公の態度と、死というテーマのために
常にやや暗く、静かな緊迫感がありますが
極端に重くはならない独特のバランスでストーリーが展開します。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは標準的です。

おすすめ度:B+
攻略ページ
修正パッチ:shi_patch_ver012.zip



オープニングムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/05/26 23:25 ] ALcotハニカム | TB(1) | CM(-)

リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい

2010年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

世の中には、2種類のお兄ちゃんがいるという。

現実の妹が居るから妹には萌えられない者、
あるいは、現実の妹に絶望したからこそゲームの妹に理想の萌えを求める者。
この物語は、そのうちの後者なお兄ちゃんの物語。

主人公・大泉涼は、これまで数々の美少女ゲームで妹を愛してきた生粋のお兄ちゃん。
そんな彼が、とあるゲームの妹に心を奪われた。

大好きな声優と原画家、そしてお兄ちゃんのためならちょっとエッチになってしまう妹。
現実(リアル)の実妹である栞はそうしたゲームに熱中する兄を、汚物を見る様な目で見る。

ゲームの妹――麻衣ちゃんは、兄をそんな目で見たりしない。
一緒にお風呂へ入ったり、手をつないで登校したり、すべてが現実とは違う。

夢にまで麻衣が出てきた、次の朝。栞ではない、可愛い声が涼に目覚めを促す。
「おはよう、お兄ちゃん♪」

馬乗りになって自分を起こしていたのは、ゲームのキャラそっくりの女の子であった――


シンプルな作りの、妹成分に満ちた世界です。
ハーフプライスの「ハニカム文庫」第1弾となった作品です。

共通ルートは、突如現実世界に現れた、
ゲームキャラな麻衣との関わりを中心に進んでいきます。
共通はあまり長くなくて、最低限の状況と心情の説明が行われます。

序盤は友人の妹、美紀ルートか麻衣ルート固定で
麻衣ルート攻略後に栞ルートが開放されます。
扱い的にもですが、内容的にも栞がメインヒロインな立ち位置です。

会話はテンポ良く、独特のユーモアを漂わせています。
テキストは読みやすく、進めやすい作りです。

麻衣ルートが不完全燃焼というか、
栞ルートの前座的な扱いなのが、少々残念です。

ハーフプライスの宿命としてのボリューム不足は感じますが
妹との関わり方と言うテーマを、ぶれなくまとめた良作です。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは少なめで、ハーフプライスの標準と言う感じです。

おすすめ度:B
攻略ページ
修正パッチ:なし


普及版を出してもらえると、入手が容易で助かります。

オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/05/04 21:18 ] ALcotハニカム | TB(0) | CM(-)

アネイロ

アネイロ

アネイロ

2011年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

「なんだか懐かしい――」

数年ぶりに、海外転勤の両親の元を離れて日本に戻って来た主人公、日比野 航。
楽しみにしていたのは、仲の良かった姉・日比野 薫子と姉同然の幼馴染み・樟木 瑛菜との再会――

「航ちゃん!」「航!」
再会を喜び合い、感動を分かち合い、これから賑やかな日常が始まる――
……はずだった?

しかし、学園の有名人となっていた二人が
今まで会えなかった憂さを晴らすように、積極的なスキンシップを開始したりしたら
学園中の注目が航に注がれない訳がない!!

いきなり賑やか過ぎる学園生活に眩暈を覚えている中に更なる事件。
突如現れた生徒会長・鷲見 さやかより厳しい宣告――
「今期末に行われる生徒総会までに何かしらの結果を出せなければ廃部です!」

薫子と瑛菜の部活は、色んな騒動を起こして有名ではあったけれど
誰もに認められる結果は出せていなかった……という事らしい。

果たして廃部は免れるのか、ついでに航の運命は何処へ向っていくのだろうか――


姉属性だらけの作品です。正直、残念な出来です。
ハニカム文庫と銘打ってはいませんが、ハーフプライスのゲームです。

中核になる部活存続の物語は、中途半端で盛り上がりを欠いています。
キャラは悪くないですが、あまり生かしきれて居ない感が強いです。

会話のテンポはまあまあで、テキストは比較的読みやすいです。

せめてイチャラブ度でも高ければ救いになりますが
そちらも特筆するほどではありません。

お姉ちゃんズが可愛いのだけが救いでしょう。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは少なめですが、これはお値段相当ということでしょう。

おすすめ度:C-
攻略ページ
修正パッチ:Ver.1.03



オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/17 19:47 ] ALcotハニカム | TB(0) | CM(-)

キッキングホース★ラプソディ

キッキングホース★ラプソディ

キッキングホース★ラプソディ

2010年11月発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

 人の恋路を邪魔するモノを、馬の代わりに何でも蹴飛ばすお助けバイト
 「キッキングホース・ラプソディ」のメンバーは
 主人公と、二人の同級生の女の子。
 「せっかく女の子と一緒のバイト、少しは仲良くなりたい」
 バイトのライバル的存在の女の子とも知り合い、男子1と女子3の組み合わせに。

 そして、恋に落ちてから彼は思い知る。
 恋愛は一対一。唯一の男である彼が、誰かと恋に落ちれば、
 残る二人は文字通り、あぶれるわけで……

 そう、恋をするのは二人だけれど、集団の中では恋は『二人の問題』に留まらない。
 邪魔者を蹴り飛ばす方だったお仲間も、妬いたら途端に邪魔者に!
 しかし恋心は、障害があればなおさら燃え上がってしまうものまた事実。
 蹴って蹴られて妬かれて燃えて、ジェラシーとイチャラブに満ちたこのドタバタは、
 いったいどこへ向かうというのか――!?


ドタバタコメディと共につむがれる、明るいイチャラブストーリー。
3人のヒロインと、味わいの異なるイチャイチャラブラブを楽しめるゲームです。
ハーフプライスの「ハニカム文庫」第2弾となる作品です。

設定は現実とは、かなりかけ離れています。
ドタバタな恋物語を盛り上げるための、土台のようなものです。

「仲間の中で二人だけカップルになってしまう」という、ややシリアスな側面を持ちつつも
基本は前半は賑やかに、後半は各ヒロインごとの問題を解決しつつ、
熱々カップルストーリーとして進行します。

会話はテンポ良く、賑やかで楽しいやり取りを楽しめます。
総じて、テキストは読み進め易く出来ています。

立ち絵が一部雑なのが、少し残念ですが
この辺はハーフプライスという事で、見逃せる範囲かもしれません。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは、シーン数こそやや少なめですが
1シーンあたりの濃度は純愛系としてはかなりのものです。

おすすめ度:A+
攻略ページ
修正パッチ:ver.1.02



オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/15 19:02 ] ALcotハニカム | TB(1) | CM(-)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おすすめ度の意味
A:買って損はないと思われる良作品
B:楽しめる水準に達している作品
C:絵や設定が好みなら、
  楽しめるかもしれない、微妙な作品

D:あらゆる点で問題の多い作品
E:買ったら損をすると思われる作品
↑ これらに「+」「-」を追加して運用します。
検索フォーム
カウンター
注意・免責事項
・18歳未満の方は、
 閲覧をご遠慮ください。

・当ブログの全ての情報は、
 自己責任にてご利用ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。