Game Box

美少女ゲームレビューブログ
Game Box TOP > FrontWing

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆきうた

ゆきうた

ゆきうた

2003年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

入学してはや1年半、学園やクラスメイトとも慣れ、一番楽しい時間を過ごしている主人公。
そんな12月のある日、クラスに転校生がやって来ることから彼らの物語は始まります。

それぞれに悩みや願いを心に抱いたまま、明るく楽しく生活を送っているヒロイン達。

大人気の転校生は何も知らないお嬢様、
おにぃちゃん大好きなんだけど史上最高に使えない妹、
はたまた目が見えないのにかなり強気な女の子など、

普通の女の子とはちょっと違うヒロイン達ですが、
中身は普通の女の子と変わらない健気な女の子なのです。

果たして、彼女たちの悩みや願いは
解決するのでしょうか?想いは伝わるのでしょうか?


強力な駄妹が出ている、と言う評判につられて買ったのですが
これは大失敗でした。

お目当ての妹「菜乃」の声が酷い。
声の質、演技共にかなりの低レベルです。

アニメでなら、もっと酷い棒読み声優にも出会ったことがありましたが…
ゲームでは初の体験だったのもあってショックでした。

しかたなく妹の声をOFFの設定にしたのですが
菜乃は登場回数も多く、声をOFFにすると違和感が強くて困りました。

会話のテンポはあまり良くありませんが、テキスト全体で見ると
そんなに読みにくいほうではありません。

しかし、雪那ルートを進めていくと次の罠がありました。
二つあるエンディング、どちらかはハッピーなのか?と
首を傾げるほど後味の悪いものでした。
ここでゲームを投げてしまいました。

攻略可能キャラは5人。
えっちシーンはかなり少なめで、濃度はとても薄いです。
(この部分は、100%攻略済みセーブデータを導入して確認しました)

おすすめ度:E
攻略ページ
修正パッチ:ver 1.02



オープニングムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
スポンサーサイト
[ 2012/05/05 20:56 ] FrontWing | TB(1) | CM(-)

グリザイアの迷宮

グリザイアの迷宮
グリザイアの迷宮

2012年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

「グリザイアの果実」の続編です。
グリザイアの果実についてはこちらのレビューを参照してください)

続編プロジェクトと銘打っていますが、
「迷宮」+未発売の「楽園」の2作セットで続編、というニュアンスです。
「迷宮」の続編要素は「カプリスの繭」の最初と最後に僅かに含まれるのみとなります。

グリザイアの迷宮だけを評価すると「ファンディスク」という事になります。
ファンディスクとして評価するなら、かなり楽しめるものとなっています。

主人公・風見雄二の過去がメインとなる「カプリスの繭」
5人のヒロインの、グリザイアの果実・個別ルートを前提としたアフターストーリー5本。
ゲーム中ではありえないシチュエーションで描く、サブキャラ中心の
「デイブ教授の抜きまくりch.」(これはえっちシーンがメインです)
そして、「ショートショートシナリオ」から構成されます。

シリアステイストなのは「カプリスの繭」のみ。
アフターは安定した品質です。
評価はB+を付けましたが、シリアスな続編要素を期待するならもっと低く、
前作の「果実」の大ファンならもっと高くなる感じです。

えっちシーンはファンディスクとしては問題ない水準です。

おすすめ度:B+
攻略ページ:なし
修正パッチ:なし



オープニングムービー



■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/04 20:15 ] FrontWing | TB(0) | CM(-)

グリザイアの果実

グリザイアの果実
グリザイアの果実

2011年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

――その学園は、少女たちの果樹園だった。

外敵から隔離された学園にやってきたのは、生きる目的をなくした一人の少年。
守るべき物を見失い、後悔と贖罪のみに費やされる人生の中で、
その少年に残されたのは首に繋がれた太い鎖と、野良犬にも劣る安い命。
そして少年は、その学園で少女達と出会い、新たな希望を見つけ出す。

――その少女は、生まれてきたことが既に間違いだった
   逆らった罪――
――生きながらの死
   誰も守ってなんかくれない――
――そして生き残った罰。

そこは、少女達の果樹園。
彼女達は、後悔の樹に実った懺悔の果実。そんな少女達に、俺に一体なにが出来る‥?
それは、一人の少年が夢見た永遠の希望-


公式のストーリー説明にも良く現れていますが、とてもハードでヘビーな作品です。
育ち故に常識の軸がずれた主人公と、
各々、さまざまな問題ゆえに常識が欠如していたり、常識外の行動を選ぶヒロインたち。

共通ルートでは主人公とヒロインたちのユニークな学園生活が展開されます。
かなり長い共通ルートですが、ドタバタコメディ風だったり
淡々とズレた日常を過ごしてみたり、と退屈させない内容になっています。

攻略可能キャラは5人。癖があり、印象的なキャラが揃っています。
サブキャラにも存在感があり、物語に厚みを与えています。

個別ルートに入ると、恋愛の進展と共に、ヒロインたちの抱える問題が
明らかにされていきます。

グリザイアの果実は「グリザイア3部作」の第一部とアナウンスされていますが、
単品でも問題なく楽しめる構成になっています。
この記事の記述時点で第2部「グリザイアの迷宮」が発売されています。
プレイ済なので次回はこれを。

えっちシーンは標準的ですが、ルートによってはストーリーのインパクトの前に
存在感が吹き飛ばされてたりする気もします。

おすすめ度:A
攻略ページ
修正パッチ:Version 1.01



オープニングムービーもかなり良い出来です。


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/04 00:01 ] FrontWing | TB(0) | CM(-)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ度の意味
A:買って損はないと思われる良作品
B:楽しめる水準に達している作品
C:絵や設定が好みなら、
  楽しめるかもしれない、微妙な作品

D:あらゆる点で問題の多い作品
E:買ったら損をすると思われる作品
↑ これらに「+」「-」を追加して運用します。
検索フォーム
カウンター
注意・免責事項
・18歳未満の方は、
 閲覧をご遠慮ください。

・当ブログの全ての情報は、
 自己責任にてご利用ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。