Game Box

美少女ゲームレビューブログ
Game Box TOP > リアル妹がいる大泉くんのばあい
[ リアル妹がいる大泉くんのばあい ] のtagを含む記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい

2010年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

世の中には、2種類のお兄ちゃんがいるという。

現実の妹が居るから妹には萌えられない者、
あるいは、現実の妹に絶望したからこそゲームの妹に理想の萌えを求める者。
この物語は、そのうちの後者なお兄ちゃんの物語。

主人公・大泉涼は、これまで数々の美少女ゲームで妹を愛してきた生粋のお兄ちゃん。
そんな彼が、とあるゲームの妹に心を奪われた。

大好きな声優と原画家、そしてお兄ちゃんのためならちょっとエッチになってしまう妹。
現実(リアル)の実妹である栞はそうしたゲームに熱中する兄を、汚物を見る様な目で見る。

ゲームの妹――麻衣ちゃんは、兄をそんな目で見たりしない。
一緒にお風呂へ入ったり、手をつないで登校したり、すべてが現実とは違う。

夢にまで麻衣が出てきた、次の朝。栞ではない、可愛い声が涼に目覚めを促す。
「おはよう、お兄ちゃん♪」

馬乗りになって自分を起こしていたのは、ゲームのキャラそっくりの女の子であった――


シンプルな作りの、妹成分に満ちた世界です。
ハーフプライスの「ハニカム文庫」第1弾となった作品です。

共通ルートは、突如現実世界に現れた、
ゲームキャラな麻衣との関わりを中心に進んでいきます。
共通はあまり長くなくて、最低限の状況と心情の説明が行われます。

序盤は友人の妹、美紀ルートか麻衣ルート固定で
麻衣ルート攻略後に栞ルートが開放されます。
扱い的にもですが、内容的にも栞がメインヒロインな立ち位置です。

会話はテンポ良く、独特のユーモアを漂わせています。
テキストは読みやすく、進めやすい作りです。

麻衣ルートが不完全燃焼というか、
栞ルートの前座的な扱いなのが、少々残念です。

ハーフプライスの宿命としてのボリューム不足は感じますが
妹との関わり方と言うテーマを、ぶれなくまとめた良作です。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは少なめで、ハーフプライスの標準と言う感じです。

おすすめ度:B
攻略ページ
修正パッチ:なし


普及版を出してもらえると、入手が容易で助かります。

オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
スポンサーサイト
[ 2012/05/04 21:18 ] ALcotハニカム | TB(0) | CM(-)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
おすすめ度の意味
A:買って損はないと思われる良作品
B:楽しめる水準に達している作品
C:絵や設定が好みなら、
  楽しめるかもしれない、微妙な作品

D:あらゆる点で問題の多い作品
E:買ったら損をすると思われる作品
↑ これらに「+」「-」を追加して運用します。
検索フォーム
カウンター
注意・免責事項
・18歳未満の方は、
 閲覧をご遠慮ください。

・当ブログの全ての情報は、
 自己責任にてご利用ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。