Game Box

美少女ゲームレビューブログ
Game Box TOP > るいは智を呼ぶ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

るいは智を呼ぶ

るいは智を呼ぶ

るいは智を呼ぶ

2008年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

今回はやや、これまでと違った形式で記述します。
ストーリーを要約しようにも、クリアすらしてないのです。

これはとにかく、テキストの酷さによるものです。実例1 実例2

やたら挿入されるテンポの悪い比喩と、気分の悪い会話。
早送りを併用しても我慢できず、結局1キャラすら攻略せずに投げてしまったのですが…

実はこの作品、非常に高い評価を受けているのです。
たとえばこちらこちらのレビュー。
点数が付いていてわかりやすいので例にしましたが、他にも検索すれば
いくらでも高評価~まあまあ以上のレビューが見つかります。

さらに、萌えゲーアワードでの受賞や2ch人気投票での上位など
多くの人が高く評価しています。
私自身、こうした評価をあてにして買ったわけですが…。

「あわない」と言う事が、いかにウェイトが大きいかを痛感させられたゲームです。
ちなみにこのゲームは体験版があるので、これを事前に試さなかった
己の怠慢も悔やまれます。

文章以外にも、序盤の展開が極端に説明不足かつ急であり
何か起こってるようだが、なんなのかさっぱりわからない状態です。
この点は褒めているレビューでも、欠点として挙げられています。

とにかく、このゲームを購入する前には、絶対に体験版を試す事を強く推奨します。
私はダメでしたが、テキストに不満がないか、むしろ好きになれるのなら
かなり面白いほうに入るゲームらしいのです。

逆に、テキストがだめだと感じたら避けるのをお薦めします。

攻略可能キャラは5人。
えっちシーンはかなり少なめです。
(この部分は、100%攻略済みセーブデータを導入して確認しました)

おすすめ度:E -
攻略ページ
修正パッチ:ver 1.01



デモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
スポンサーサイト
[ 2012/04/29 23:14 ] 暁WORKS | TB(0) | CM(-)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
おすすめ度の意味
A:買って損はないと思われる良作品
B:楽しめる水準に達している作品
C:絵や設定が好みなら、
  楽しめるかもしれない、微妙な作品

D:あらゆる点で問題の多い作品
E:買ったら損をすると思われる作品
↑ これらに「+」「-」を追加して運用します。
検索フォーム
カウンター
注意・免責事項
・18歳未満の方は、
 閲覧をご遠慮ください。

・当ブログの全ての情報は、
 自己責任にてご利用ください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。