Game Box

美少女ゲームレビューブログ
Game Box TOP > おすすめ度:B

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

THE GOD OF DEATH HDワイドスクリーン版

THE GOD OF DEATH HDワイドスクリーン版

THE GOD OF DEATH HDワイドスクリーン版

2005年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

不思議な少女の導きで、自身が死神の生まれ変わりと知った主人公は
その力を完全に取り戻すために、学園を占拠し
少女たちを監禁・陵辱して、刈る為の魂の製造を始める。

身も心もボロボロなるほどの恐怖を味わい、踏みにじられていく無垢な少女達。
死と破壊と混沌に彩られた悪の美学を究めんとする、一人の死神の伝説が今始まる。



監禁陵辱ゲームです。

この作品は「メビウス暗黒BOX」という3作品セットの商品で購入しましたが
他の2作品については、最後で軽く触れる程度でとどめます。

序盤は主人公の覚醒までの様子を通じて、基本となる世界観の説明が行われます。

学園占拠後は、まず少女たちの捕獲からスタートします。
これが結構めんどくさいので、攻略ページなどを参考にした方が無難です。

ストーリーはさほど質の高いものではありませんが、
それなりに筋の通ったものになっています。

ヒロインたちは陵辱される対象物扱いであるため
あまりキャラとしての厚みはありませんが、
極端な属性付けなしで、それなりの存在感が描き出されています。

グラフィックが非常に美麗で、イベントCGでの体の質感が秀逸です。
キャラの顔立ちも愛らしいので、陵辱系好き以外でも
美麗CG鑑賞として評価できます。

攻略可能キャラは11人+a。
えっちシーンは非常に多めです。

おすすめ度:B
攻略ページ
修正パッチ:なし





メビウス暗黒BOXは、悪夢と絶望に強い興味がないのであれば、おすすめしません。

オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
 また、この記事限定ですが、裸+えっちのCGが掲載されています。
[ 2012/06/02 01:52 ] スタジオメビウス | TB(1) | CM(-)

夏空カナタ

夏空カナタ

夏空カナタ

2008年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

日本で唯一の常夏の島、塔弦島。
冬休みを利用し、この島でペンションを経営する叔母のもとに訪れた主人公は
真冬に真夏の出逢いを体験する。

あの冬、真夏のような この島で――


切なく爽やかな、純愛ストーリーです。

伝奇風味の設定がありますが、切ない展開を作るために使われるだけで
一部展開以外は、物語の中心にはなりません。

賑やかで印象的なサブキャラを交えて
愛らしく描かれたヒロインとの交流と恋を楽しむ作品になっています。

会話はテンポ良く、テキストは読み進めやすいです。
イチャラブには届きませんが、各個別の二人きりで過ごすシーンでは
ほどよく恋愛の味わいを強調しています。

共通、個別共にボリューム不足の感が強いです。
ヒロインが3人なため、作品全体でもかなりのボリューム不足感があります。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンはやや少な目です。

おすすめ度:B-
攻略ページ
修正パッチ:patch1.01.exe



オープニングムービー

このムービーは素敵です。

■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/05/29 00:25 ] ゆずソフト | TB(1) | CM(-)

死神の接吻は別離の味

死神の接吻は別離の味

死神の接吻は別離の味

2009年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

「たいせつな人に遺したいものはありますか?」

主人公・天宮 誠は、近所のレンタルビデオショップでアルバイトをするかたわら、
同じ学園に通い始めたひとつ下の妹・雫と平穏な毎日を送っていた。
幼なじみと死に別れて以来、心のどこかで同じところへ行くのを夢見ながら。

そんなある日、誠はひとりの不思議な少女と出逢う。
「あなたには、私の姿が見えるの?」

周りの人間は、巨大な鎌を持った目立つ彼女の存在に気づかない。
「そう。あなたも、もうすぐ死ぬのね」

少女は、死神だった。


暗く静かに語られる、悲しい想い出と恋の物語です。
ハーフプライス作品の宿命で、ボリュームは少なめになっています。

テキストは独特の雰囲気を漂わせ、読みやすく作られています。
会話は静穏でありながら、小気味良いものにもなっています。

ヒロインは無理なく個性を獲得しています。
「死神」琥珀は少し特徴づけが極端ですが
琥珀本人のルートに入ると緩やかに自然なキャラへと移行しています。

主人公の態度と、死というテーマのために
常にやや暗く、静かな緊迫感がありますが
極端に重くはならない独特のバランスでストーリーが展開します。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは標準的です。

おすすめ度:B+
攻略ページ
修正パッチ:shi_patch_ver012.zip



オープニングムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/05/26 23:25 ] ALcotハニカム | TB(1) | CM(-)

ひなたぼっこ&ひなたぼっこFD ひなたると

ひなたぼっこ
ひなたると

ひなたぼっこ


2004年発売の美少女ゲームです。
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

主人公、速水夏樹は事故で両親を失い、妹の小春と二人暮し。
アパートの建て直しで、仮住まいを探し始めるのをきっかけにバイトを始めようと思い立つ。

そんなある日、高校時代の恩師、柊日向そっくりの女性と出会う。
彼女は日向の双子の妹、柊奈月と名乗り
教職を退いて喫茶店経営をしている姉の店へ案内してくれる。

そこで見つけたバイト募集の張り紙。
思い切って応募してみると、日向は想像もしなかった条件を出してきて…。

新しい生活と共に、夏樹を取り巻く少女達との関係が動き始めた――


和やかで優しい、日常生活視点の物語です。

コンプリートボックスのようなセット商品は
リリースされていませんが、2作品を1つの記事で扱います。

本編
ありふれた日常生活の中で、素直で可愛らしい純愛ストーリーが
のんびり爽やかに展開されます。

会話はのんびりとしながらもまあまあのテンポで
テキストは読み進めやすく出来ています。

これといった中核ストーリーはありませんが
当たり前なやり取りを、退屈させずに展開してくれます。

ヒロインは多少個性に欠けますが
自然に、愛らしく描かれていて好感が持てます。

個別ルートによってはややシリアスなシーンもありますが
深刻なものではありません。

日常特化な分、盛り上がりには欠ける傾向があります。
まったりと、可愛らしい恋愛を楽しみたい時にはおすすめです。

攻略可能キャラは6人。
えっちシーンは標準的です。

ファンディスク ひなたると
アフターストーリーや、本編攻略外キャラの
えっちシーンなどを描いています。
ありがちで無難なファンディスクです。

ストーリーは本編の雰囲気を受け継いだ優しい日常系のものと、
攻略外キャラを交えた3P系の2種類に分かれます。

ややボリューム不足ではありますが
正統派のファンディスクともいえます。

えっちシーンはファンディスクとしては標準的です。

他に、同ブランド旧作品のノベルや
キャラ設定、観光案内のようなものも含まれていますが
どれも、特に評価できるレベルのものではありません。

本編
おすすめ度:B-
攻略ページ
修正パッチ:Ver 1.02
修正パッチ:Ver 1.02(その2・内容は上と同じ)

ファンディスク ひなたると
おすすめ度:C-
攻略ページ:なし
修正パッチ:Ver 1.02



「DVD-PG版」と言うのは、本編とファンディスク両方収録だそうです。DVD-PG版とは→

オープニングムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/05/18 19:58 ] Tarte | TB(1) | CM(-)

リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい

リアル妹がいる大泉くんのばあい

2010年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

世の中には、2種類のお兄ちゃんがいるという。

現実の妹が居るから妹には萌えられない者、
あるいは、現実の妹に絶望したからこそゲームの妹に理想の萌えを求める者。
この物語は、そのうちの後者なお兄ちゃんの物語。

主人公・大泉涼は、これまで数々の美少女ゲームで妹を愛してきた生粋のお兄ちゃん。
そんな彼が、とあるゲームの妹に心を奪われた。

大好きな声優と原画家、そしてお兄ちゃんのためならちょっとエッチになってしまう妹。
現実(リアル)の実妹である栞はそうしたゲームに熱中する兄を、汚物を見る様な目で見る。

ゲームの妹――麻衣ちゃんは、兄をそんな目で見たりしない。
一緒にお風呂へ入ったり、手をつないで登校したり、すべてが現実とは違う。

夢にまで麻衣が出てきた、次の朝。栞ではない、可愛い声が涼に目覚めを促す。
「おはよう、お兄ちゃん♪」

馬乗りになって自分を起こしていたのは、ゲームのキャラそっくりの女の子であった――


シンプルな作りの、妹成分に満ちた世界です。
ハーフプライスの「ハニカム文庫」第1弾となった作品です。

共通ルートは、突如現実世界に現れた、
ゲームキャラな麻衣との関わりを中心に進んでいきます。
共通はあまり長くなくて、最低限の状況と心情の説明が行われます。

序盤は友人の妹、美紀ルートか麻衣ルート固定で
麻衣ルート攻略後に栞ルートが開放されます。
扱い的にもですが、内容的にも栞がメインヒロインな立ち位置です。

会話はテンポ良く、独特のユーモアを漂わせています。
テキストは読みやすく、進めやすい作りです。

麻衣ルートが不完全燃焼というか、
栞ルートの前座的な扱いなのが、少々残念です。

ハーフプライスの宿命としてのボリューム不足は感じますが
妹との関わり方と言うテーマを、ぶれなくまとめた良作です。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは少なめで、ハーフプライスの標準と言う感じです。

おすすめ度:B
攻略ページ
修正パッチ:なし


普及版を出してもらえると、入手が容易で助かります。

オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/05/04 21:18 ] ALcotハニカム | TB(0) | CM(-)

月は東に日は西に

月は東に日は西に -Operation Sanctuary-

月は東に日は西に

2003年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

「なおくん、そろそろ起きないと、遅刻しちゃうよ」

今日から蓮美台学園は新学年、新学期。幼なじみの保奈美は、
「もう子供じゃないんだし」と、何度言っても起こしに来る。

「直樹ーっ、先に行くからねっ」
通学路を歩く俺たちの、脇を追い抜いていく従妹の茉理。
両親を事故で失って以来、俺-久住直樹-は、叔父夫婦の家に世話になっている。
当時、同居することに大反対した従妹の茉理も、この春から蓮美台学園に入学してきた。
そんなありふれた日々。……のはずが。

学園の屋上で昼寝を決め込んでいた俺に、空から、女の子が降ってきた。
その娘は転校生として、翌日からクラスメートになった。

ゆっくりと時は流れ、変わるものと変わらないものが、俺の周りを流れていく。
繰り返されるありふれた日々が、少しずつ、動き始める。


賑やかでうきうきした空気の、学園生活を満喫できる作品です。

個別ルートはシリアス要素を多く含みますが
序盤は重いものを抱えていないヒロインも居て、明るく和やかにお話が進行します。

ストーリーの根底にある、仕掛け部分は単純ですが
どのルートでも、効果的に使われています。

共通ルートは明るく普通な学園生活、
個別に入るとそれなりに甘い進行もあります。
エンディングに向かっては、ある程度シリアス要素が入ってきますが
後味の良い終わり方になっていると思います。

会話のテンポはそれなりで、テキストは読みやすいほうです。
他愛無い掛け合いなどを交えつつ、軽快に進んでいきます。

サブキャラの存在感は弱めで、ヒロインたちと主人公が支える物語です。
ヒロインはテンプレに近いですが、とても魅力的に演出されています。

攻略可能キャラは6人。
えっちシーンは標準~やや多めくらいです。

おすすめ度:B+
攻略ページ
修正パッチ:hani_r1.exe と hani_r2.exe



オープニングムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/30 17:46 ] オーガスト | TB(0) | CM(-)

ななついろ★ドロップス

ななついろ★ドロップス

ななついろ★ドロップス

2006年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

星城学園に通う、少しだけ不器用な主人公「石蕗 正晴」は
5月のある日…怪しいジュースのせいで
日が暮れると羊のぬいぐるみになってしまうように。

元に戻るには、不思議な杖に選ばれた女の子と
「星のしずく」を7つ集める必要がある。

そしてその「特別な女の子」は、クラスメイトの秋姫すももだった。

今まで話したこともなかったクラスメイト。
だけど正体を知られたら、永遠に普通の人間には戻れない。

昼間は不器用な男の子「石蕗正晴」として。
そして夜になれば羊のぬいぐるみ「ユキちゃん」として。

星のしずくと初めての恋がつづる、不思議の物語の1ページ、いま始まる――。


初々しさ満載の、魔法少女風味な物語です。

物語は魔法関連の設定が良く生かされていて
破綻なく進んでいきます。

会話のテンポはまあまあ、テキストは読みやすく作られています。
前半パートでは、1話ごとにまとめと次回予告が入り
アニメでも見ているような感じがあります。

ヒロインは可愛いグラフィックにふさわしく
愛らしく描かれています。

途中の展開でも、えっちシーンでも
かなり思い切ってエロさが抑えられたつくりになっています。

攻略可能キャラは3人。
えっちシーンは非常に少なく、かつどれも淡白です。
えっちシーンに期待してしまうと、肩すかしになると思います。

おすすめ度:B-
攻略ページ
修正パッチ: nanatsuiro_update0510



オープニングムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/27 19:49 ] ユニゾンシフト | TB(0) | CM(-)

Clover Heart's & Clover Heart's FD

Clover Heart's
Clover Heart's append disc TOYつめちゃいました
Clover Heart's

2003年発売の美少女ゲームです。公式ページ FD公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

港を見下ろす街にたたずむ洋館で暮らす双子の兄弟、白兎と夷月。
噛み合う事ができない二人は互いに満たされない日々を送っていたが、ろくに戻ってこない外交官の父からの突然の報で、ロシアから双子の姉妹、莉織と玲亜を迎え入れる事になる。

屋敷や学園での時間を重ねるごとに、惹かれても戸惑って、反発しながらも何かを感じあってゆく日々。
擬似恋愛や幼馴染の再来という新たな局面で発生する複雑に絡まりあった人間関係。
その決着と再出発により更に深まってゆくそれぞれの恋愛深度。

そして収束しつつも訪れる壁≪兄弟≫、≪家族≫、≪過去≫を彼ら彼女らはどう乗り越えてゆくのか


切なくさわやかな、純愛ストーリーです。

コンプリートボックスのようなセット商品は
リリースされていませんが、2作品を1つの記事で扱います。

9年前のゲームという事で、絵柄やシステム面の古さはあります。
しかし、テキストは読みやすく、会話のテンポも軽快な
良質な作品となっています。

本編
ルートは大きく「白兎ルート」と「夷月ルート」に別れ、
それそれが4章に分かれています。
ルートごとに相手ヒロイン、ゲストヒロインも変化し
大筋となるストーリーも変化していきます。

初回プレイでは白兎1→夷月1と交互に1つずつ進めてしまいましたが、
これはお薦めできません。白兎1→4、夷月1→4とまとめて進めた方がわかりやすいです。

それぞれのルートに派生シナリオとしてサブヒロインを一人ずつ攻略できます。
物語を進めるにつれて「アイテム」が手に入り、これによって
次の章への進行や、回想などのおまけ機能が開放されていきます。

主人公、ヒロインともにかなり重めの問題を抱えており
恋の進行と並んで、段階を追ってこれらも解決していきます。
単純な問題解決というより、成長ストーリーのイメージが強いです。

イベントCGの仕上げの荒さが少々目に付きますが、
キャラは魅力的で、サブキャラもしっかりした存在感で物語を進行させています。

攻略可能キャラは4人。
えっちシーンは標準~やや多目くらいです。

ファンディスク
内容は「白兎 Chapter2」のアフターストーリーとなるゲーム「恋のレシピ、教えます」
上のアフターと同一時間軸で、莉緒のモノローグをベースにして
ゲームに出ない心情を明かすドラマCD「御子柴莉緒はご機嫌ナナメ」
榊 円華視点のコミック「さよならの向こう側」(28P)、「オリジナルサウンドトラックCD」
以上の計4点となっています。

ゲームは「恋のレシピ、教えます」 のみで、
これは本編のChapter一つ分にも満たないボリュームです。
しかし、えっち方面に妙に濃い作品になっています。
また、ちまりの気持ちの整理など補完要素も多く
短い割には充実した内容になっています。

コミックは本編より綺麗なくらいの絵です。
CDドラマもそつなく仕上げています…が、やはり決定的にボリューム不足です。
ただ、現在は中古で1000円を下回る価格となっているため
お値段以上の一品になっています。

アフターは一本道で、えっちシーンは3回+プチえっちいくつか。
数の割りに濃い印象です。

本編
おすすめ度:A-
攻略ページ
修正パッチ:CD版用 version1.03
修正パッチ:DVD EDITION用 version1.02

ファンディスク TOYつめちゃいました
おすすめ度:B-
攻略ページ:なし
修正パッチ:なし

ファンディスクの評価は中古価格での購入で考えています。
未だにAmazonで扱ってる新品出品基準なら
C-位です。





オープニングムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/23 22:37 ] ALcot | TB(0) | CM(-)

あまつみそらに!

あまつみそらに!

あまつみそらに!

2010年5月発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

――美空島で生まれ、島を愛する主人公「観崎高久」は事故で両親を失って
アイドルな妹「観崎美唯」、人として暮らしたい神「神奈」との三人暮らし。

幼馴染の「帷千紗」や仲の良いクラスメイト、賑やかな後輩「清澄芹夏」たちとの
いつもの日々の中に、変化が舞い込んでくる。

「先輩先輩! 島の外から巫女さんが来るんだって!」

そんな一言から神社の移転行事(遷座祭)を見物することに。
主人公はそこで、不思議な雰囲気を持った巫女の少女、葉月深景と言葉を交わす。
出会いは連鎖的に少女たちの心を動かして、秘めていた気持ちを揺さぶっていく。

はじまるのは、巡る想いの物語――


このリストで実妹ものを探していて見つけた作品です。
これは妹的に当たりでした。

物語は堅実に出来ていますが、ルートによっては
設定がもたつきの原因にもなっているのが残念です。

会話はテンポ良く進み、テキストは読み進めやすいです。
キャラクターは、愛らしく魅力的に描かれています。

共通ルートでは賑やかに、主人公の島への愛着や
神奈が、神としての役割を嫌うために起きる問題を基軸に
キャラクターたちの関わり方が展開されます。
サブキャラたちは、程好く展開をサポートしています。

攻略可能キャラは5人。
えっちシーンは、標準~やや多めくらい。
おまけ的なえっちシーンまで含めるとさらに大目です。

おすすめ度:B+
攻略ページ
修正パッチ:Ver1.2



オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/18 19:31 ] クロシェット | TB(0) | CM(-)

鬼ごっこ!&鬼ごっこ!FD

鬼ごっこ!
鬼ごっこ!ファンディスク

鬼ごっこ

共に、2011年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

コンプリートボックスのようなセット商品は現時点でリリースされていませんが、
2作品を1つの記事で扱います。

ストーリー

その島にはかつて「鬼」が棲み、数えきれないほどたくさんの宝を集め持っていた。
しかし、鬼は三匹のお供を連れた「桃太郎」に退治され、桃太郎は宝を持ち帰り、幸せに暮らしましたとさ。
めでたしめでたし。
それは、誰もが知っている昔々の「おとぎ話」――

それからはるかな時が流れ、現代。
おとぎ話の時代から存在する、不思議の力を持つ「秘宝」
それを、正当な持ち主のもとへ取り返すと言う怪盗「温羅」として
活動する主人公、浦部圭介。

かつてのおとぎ話の島に、彼が出した覚えのない
温羅からの予告状が届いた事から、物語は回り始める。

これは、とある学園を舞台とした、現代の「おとぎ話」――


本編
「秘宝」と「怪盗温羅」の関わりは序盤から各ルート終盤まで続きますが
物語としての面白さは特筆するほどではありません。

読みやすいテキストと、軽妙なトークを楽しむゲームとなっています。
ヒロインはみんな、少しずつピントのずれたところがあって
結果としてユニークな行動につながる感じです。

立ち絵が一部雑な出来なのが気になります。
加奈の正面向きなどは顕著です。
「美少女福祉文化賞 未受賞作品」で始まる、遊び心のある作品です。

攻略可能キャラは4人。
えっちシーンは標準的です。

ファンディスク
かなり短期間で製作されたせいか、完成度・ボリューム共に薄めです。
本編でかなりの人気を誇りつつ、攻略外だった主人公の妹「浦部 葵」が
攻略可能ヒロインに加わります。

本編で「秘宝」絡みの問題は、解決済みでのアフターなので
深刻さは少なく、のんびりした雰囲気です。

残念なことに、ファンディスクの評判はあまり良いものではなく
条件付きですが、同意せざるを得ない出来でした。

えっちシーンはボリュームはそこそこ程度、謎なまでに3Pに拘ったものになっています。

本編
おすすめ度:B-
攻略ページ
修正パッチ:Ver.1.01

ファンディスク
おすすめ度:C
攻略ページ:なし
修正パッチ:なし



記事作成時のAmazonの価格は、内容から見ると高すぎる感じです。
ファンディスクの中古価格は妥当。


オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/11 22:17 ] ALcot | TB(0) | CM(-)

春季限定ポコ・ア・ポコ!

春季限定ポコ・ア・ポコ!

ぽこあぽこ

2011年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

主人公、野々宮 彼方は苦学生。
一年前失踪した両親の代わりに妹と自身の生活費を捻出するため、バイトに明け暮れる毎日を送っていた。
せっかく特待生として入った音楽学園でもロクに授業も受けず、部活にもまるで顔を出さない。

「音楽でメシは食えない。そんなヒマがあったらバイトしていた方がずっと有意義だ」
そうのたまうかっての天才少年を、周囲の人々は呆れつつも温かい目で見守っていた。

――しかし、平穏な日々は長くは続かない。
彼方は学園から特待生資格を剥奪すると言い渡される。
免除されていた授業料の全額返還を迫られ、窮地に立たされる彼方。

そんな中、学園理事の孫娘である先輩の多々良 真奈(たたら・まな)の取り計らいで
卒業式で音楽活動を再開させれば再び特待生に戻るチャンスが与えられることになる。
「彼方くん、伝説の学生カルテットを復活させるんや!」

ギクシャクを通り越してガタガタな人間関係の中、
はたして彼方は音楽への情熱と失った友情(あと特待生の資格とか色々)を
取り戻すことができるのだろうか?!


ALcot ハニカムのハーフプライス企画「ハニカム文庫」第三弾。
一般的な価格より安めの設定でリリースされたものです。

その分、ボリュームは少な目となっていますが
冗長な展開のない、好感触の作品に仕上がっています。

テキストは読み進めやすく、会話にはメリハリがあります。
ストーリーは平凡ですが、無難にまとめています。
音楽系部活ものですが、演奏自体はあまりありません。

攻略可能キャラは3人。物語の短さに不満は残りますが
個別ルートはそれぞれ味わいの異なる、
楽しみどころの多い純愛ものです。

えっちシーンはやはり、やや少なめです。

おすすめ度:B-
攻略ページ
修正パッチ:Ver1.01



オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。
[ 2012/04/08 18:52 ] ALcotハニカム | TB(0) | CM(-)

your diary

your diary

ゆあだいありー

2011年発売の美少女ゲームです。公式ページ
(レビュー中には多少のネタバレ要素を含みます、ご注意ください)

ストーリー

憧れの先輩に勧められた本を探して古書店を訪れた主人公。
背表紙に「your diary」と書かれた、古びた本を手に取った時
温かい光と共に一人の女の子が飛び出してくる。

「あなたがゆあの新しいお友達?」

自らを神様と名乗る不思議な少女、ゆあとの出会いを切っ掛けに、
主人公を取り巻く三人の女の子たちの、止まっていた運命が動き出す。

真っ白な一冊の日記帳と共に -


絵で買うのを決めた、と言い切れるくらい可愛い絵のゲームです。

ヒロインは愛らしく、主人公も好感が持て
サブキャラも受け入れやすく描かれています。

テキストはかなりテンポが良く、日常部分を読み進めるのに
ストレスを感じません。

物語の仕掛けの中軸は「神様」ゆあと、その日記という事になりそうなところですが…
実のところ、ゆあと日記の役割は物語の中で空気と化しています。

普通の学園物にしたほうがすっきりしたのではないか、というレベル。
ただ、空気化した分、つまらないメインストーリーに付き合わされる
現象も起きないのはありがたいのかもしれません。

攻略可能キャラは4人。
ストーリーに拘らなければ、魅力的なキャラが繰り広げる
好感の持てる純愛物としてプレイできます。

えっちシーンは標準的です。キャラ数×4シーンあるので、
キャラは多くなくても、ボリュームはそれなりです。

おすすめ度:B+
攻略ページ
修正パッチ:Ver1.01



オープニングデモムービー


■ここから先にはより深くゲーム内容に触れた感想となっています。
 未プレイの方はさらにご注意ください。


[ 2012/04/07 21:56 ] CUBE | TB(0) | CM(-)
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
おすすめ度の意味
A:買って損はないと思われる良作品
B:楽しめる水準に達している作品
C:絵や設定が好みなら、
  楽しめるかもしれない、微妙な作品

D:あらゆる点で問題の多い作品
E:買ったら損をすると思われる作品
↑ これらに「+」「-」を追加して運用します。
検索フォーム
カウンター
注意・免責事項
・18歳未満の方は、
 閲覧をご遠慮ください。

・当ブログの全ての情報は、
 自己責任にてご利用ください。


FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。